妊娠検査薬.com

妊娠検査薬.com HOME妊娠検査薬の知識正しく妊娠検査薬を使おう妊娠検査薬の予備知識

妊娠検査薬の知識

妊娠検査薬の基礎知識

妊娠検査薬とは、妊娠の有無を判定する目的で、尿中のhCGに対する反応を調べる試薬のことです。検査薬といっても、いわゆる”薬”ではなく、正確に言えば、検査キットです。薬局などで販売されていて、妊娠かな?と思ったとき、誰でも簡単に妊娠の確認ができるキットです。受精卵が子宮に着床すると、子宮内膜を保ったまま着床状態を維持するため、卵巣内にある黄体の分解を防いで黄体ホルモンの分泌を継続させる、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というものが胎盤から分泌されます。

hCGは、体外へ排出される尿の中にも含まれているので、それを検出し、陽性の変色反応を示すのが妊娠検査薬です。妊娠検査薬による陽性反応は、エコーによる検査で子宮内の胎嚢が見えるようになるよりも先駆けて観察されることから、現代は、科学的な方法で妊娠を検知する手段としては最も早いものとされます。

hCGの検査は、血中濃度を定量する方法もあり、これは、尿よりもさらに少ない量から検出できることから、稽留流産などが疑われる場合の経過の推移を見守るのに有効とされます。ただ、非常に敏感で妊娠判定が微妙な時点でも陽性と出るケースもあるため、妊娠の有無を診断するには、まずは尿検査から行うのが通常とされます。

今は、妊娠検査薬は沢山のメーカーから発売されていて、形や判定サインの見せ方は、メーカーごとに多少違いますが、尿を使って検査をするという原理はどれも一緒です。尿を検査キットにかけるか、スポイドなどで垂らして待つこと数分で結果がでます。妊娠検査薬は、月経開始予定日の約1週間後から試すことができます。妊娠検査薬で陽性の場合は妊娠の可能性がありますが、はっきりした判断はできないので、なるべく早い時期に産婦人科を受診することも大切です。

[スポンサードリンク]40代が中小企業診断士として転職!

妊娠検査薬の知識

正しく妊娠検査薬を使おう

妊娠検査薬の予備知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る