妊娠検査薬.com

妊娠検査薬.com HOME妊娠検査薬の知識正しく妊娠検査薬を使おう妊娠検査薬の予備知識

妊娠検査薬の知識

妊娠検査薬の種類

妊娠検査薬は、今は、ドラッグストアなどに行けば、いろいろな種類のものが売られています。良く知られているものとしては、「チェックワン」「Do(ドゥー)テスト」などがあります。「Pチェック S」も低価格なので人気があるようです。日本製のものは、どれも精度が高く、使いやすいので安心と言われます。

妊娠検査薬は、説明書には、「生理予定日1週間後から検査可能」とあるものが多いですが、大抵の製品は生理予定日2〜3日後からで検査可能のようです。それだけ、日本製の検査薬は性能が良い、ということにもなるみたいです。反応線が薄っすらでも、陽性は陽性で間違いないみたいですが、尿をかけてから10分以上経過した反応は信用できないと言われます。最近だとデジタルのもあり、デジタルの方がわかりやすいとも言われます。

価格的にも色々ですが、高価なものの方が、尿をかけやすいなど、使い勝手で違いがあるようです。また、妊娠検査薬には、生理開始予定日から一週間後から検査できるものと、生理開始予定日から検査できるものがあり、生理開始予定日から検査できるものの方が値段が少し高めになります。少しでも早く知りたいのなら高価なものを、すでに生理がこなくて何日もたってしまっているのなら安い方で良いみたいです。

また、妊娠検査薬と排卵日検査薬は、パッケージが似てるので購入時に少し注意が要ります。性能的には、1分程度で判定の出るものから3分くらいかかるものまであります。結果が陰性で、生理が来なければまた使用することになるため、2回用を買うほうがお得と言えるかもしれません。妊娠検査薬の種類によって、ある製品では陽性、別の製品だと陰性、ということもあるみたいです。使い勝手や精度でも違ってくるので、良くわからない場合は医師に診てもらったほうが良いでしょう。


妊娠検査薬の知識

正しく妊娠検査薬を使おう

妊娠検査薬の予備知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る