妊娠検査薬.com

妊娠検査薬.com HOME妊娠検査薬の知識正しく妊娠検査薬を使おう妊娠検査薬の予備知識

妊娠検査薬の知識

陰性と陽性について

妊娠検査薬の陰性と陽性の判定結果は、終了ラインや判定ラインの色形が製品ごとに異なります。終了窓と判定窓にそれぞれ縦線が表れるものや、判定窓に陽性なら「+」陰性なら「−」が表れるものなど様々なので、説明書の指示に従ってきちんと読み取る必要があります。説明書にある通りの色なら、多少薄いラインでも陽性と判断して良いでしょうが、説明書とは異なる色調だったり、じっくり見ると線があるような気もする、という程度のラインは、陰性として扱われます。

検査時点で既にhCGが十分に分泌されていれば、判定時間を待たず、尿をかけた直後から、みるみる陽性ラインが現れてくることが多く、この場合は、くっきりとした明らかなラインであり、終了時間に達した時点でもはっきりと残っています。尿を検査紙に染みこませたとき、一時的に他の地色とは違う、薄っすらとした線が浮き出るように見えることがあります。この場合は、所定の判定時間に達した時点では、たいがい消えてしまいます。これは、陽性とはされません。

所定の判定時間を大幅に過ぎてから表れたラインは、俗に「蒸発線」と呼ばれるもので、水分が蒸発していくとき濃縮された尿の成分が線状に残ったり、濃度が上がった尿中の成分に試薬が誤反応して表れたりしたものです。妊娠成立直後でhCGがまだ少ないごく初期の場合、判定時間を過ぎてしばらくしてから、徐々に陽性のラインが出てくることもありますが、このような場合も、あまりにも遅れて出てきたのなら、日を置いて再検査してみる方が無難とされます。

判断に迷うような微妙な感じなら、無理に一度で判断しようとせず、結果は保留にして、hCGの増加を待って2〜3日後に再検査してみると良いでしょう。また、所定の判定時間以外で見えた線は、正しい結果でない場合もあります。いずれにしろ、最終的には医院での検査ではっきりするものであり、妊娠検査薬の結果だけで判断するのは避けるべきです。


妊娠検査薬の知識

正しく妊娠検査薬を使おう

妊娠検査薬の予備知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る