妊娠検査薬.com

妊娠検査薬.com HOME妊娠検査薬の知識正しく妊娠検査薬を使おう妊娠検査薬の予備知識

正しく妊娠検査薬を使おう

薄い線のときは

妊娠検査薬の判定線が薄い場合、生理予定日の勘違いや、生理周期の変動などで妊娠検査日が早すぎた可能性があります。検査が早すぎるとhcgホルモンの分泌量が少なく、検出可能濃度に達していないことがあります。また、妊娠の初期は、人によってはまれに尿中のhcgホルモンの量が少ない事もあります。

こうした場合、妊娠しているなら日ごとにhCG濃度が高くなるので、数日後に再検査するか医師に相談することです。説明書にも、薄い線でも陽性と考えてください、と書かれたりしています。反応が薄い場合、異常妊娠や、流産の可能性があるのでは、と不安がる人がいるようですが、異常妊娠や、流産は検査薬では判断できません。市販の内服薬やピル等、薬の服用や飲酒による影響はありませんが、不妊治療などでhCGを含んだ性腺刺激ホルモン剤の投与を受けている場合は、影響が出る事があります。

また、ピルの服用中止後は生理が不規則になる事が多いため、検査は服用をやめてから3周期(または3ヶ月)ほど経ってから行うか、医師に相談すると良いでしょう。妊娠検査薬は、妊娠した時だけに体内に分泌されるhcgホルモンが尿内に出て、それに反応するようになっています。hcgホルモンは、はじめは濃度が薄く、日が経つにつれて濃くなっていきます。まだ分泌され出して日が浅く、濃度が薄い場合、線は薄くなります。

つまり、特殊なホルモンが分泌されている、ということは間違いないので、陽性であることは確か、と言うことになります。線の薄さと流産や異常妊娠は関係ないので、その点については心配は要りません。検査終了後に1分以上待っても検査終了サインに線が現れない場合、尿の量が極端に少なかったか、もしくは極端に多かったなど、使い方が正しくなかったため、検査がうまく行われなかった可能性があります。この場合は、新しい妊娠検査薬で再度検査を行ってみましょう。


妊娠検査薬の知識

正しく妊娠検査薬を使おう

妊娠検査薬の予備知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る