妊娠検査薬.com

妊娠検査薬.com HOME妊娠検査薬の知識正しく妊娠検査薬を使おう妊娠検査薬の予備知識

妊娠検査薬の予備知識

生理前と妊娠検査薬

妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後、または心当たりのある日の3週間後以降に使うのが基本となっています。しかし、それ以前に検査を行ってみる人も結構多いようです。妊娠しているかしていないか、1日でも早く知りたい、という気持ちがやはり抑えられないからでしょう。一般的な妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使えます。

ただ個人差があり、もう少し前でも反応する人もいるようですが、正しい結果を得るためには、1週間待ってから検査したほうが検査薬が良いと言えます。これ以外、早期妊娠検査薬というものでだと生理予定日ごろから検査が可能です。生理予定日当日から検査可能な妊娠検査薬としては、現在手に入りやすい市販のものでは「チェックワンファスト」という商品があります。

通常手に入る妊娠検査薬で、チェックワンファスト以外の検査薬は、ほとんどが生理予定日の1週間後から使用可能なタイプです。この場合、生理前に検査をしても陽性になる確率は低いですが、生理予定日には、このタイプの検査薬でも反応が出るだけのホルモンが出ているので、反応が出る可能性はあります。実際、妊娠検査薬は、生理予定日前でも十分反応する、とも言われます。

あるところが「妊娠検査薬で陽性になったのはいつ頃?」というアンケート調査を行ったところ、妊娠3週目、つまり生理予定日1週間前?予定日には陽性反応が出た、という回答が1番多かった、という調査結果になっています。生理前だと妊娠しやすい、とも言われますが、これは、排卵日があるからです。前回の生理が始まった日より2週間くらいが妊娠しやすい、つまり排卵時期になる人が多いと言われています。しかし、実際は個人によって排卵日が違うので、何とも言えないようです。


妊娠検査薬の知識

正しく妊娠検査薬を使おう

妊娠検査薬の予備知識

このサイトについて

▲ページの上へ戻る